エコペイズ

エコペイズの仕組みが"読むだけ"で分かる!初めての方向けecoPayz講座

更新日:

オンラインカジノの入出金方法としてメジャーなものの1つが「エコペイズ(ecoPayz)」ですね。

「エコペイズ(ecoPayz)」はベラジョンカジノやチェリーカジノ、ラッキーニッキーなど”ほぼすべてのオンラインカジノ”で採用されており、

  • 口座作成:無料
  • 口座維持手数料:無料

となっているため、「オンラインカジノユーザーなら必携の口座」と言っても良いでしょう。

しかし、「エコペイズ」は日本人には全く馴染みのないサービスです

筆者が初めて「エコペイズ」というものを知った時、

  • 口座を作るのがめんどくさそう
  • 怪しい
  • 管理が複雑そう
  • 使いこなせるか心配
  • 個人情報が漏れないか心配

といった「様々な不安」が脳裏をよぎりました。

その結果、オンラインカジノを知ってからエコペイズを導入するまで約半年間かかりました。

さて、筆者がエコペイズを使い始めるまで「半年間」かかったのは、「エコペイズが筆者にとっては正体不明のサービスで、どういう仕組みで、どう便利なのか」が分かっていなかったからです。

そこでこのページでは、昔の筆者のように「エコペイズ」というものを初めて知った方に向けて、

  • エコペイズは安全なのか?
  • エコペイズは何がどう便利なのか?
  • エコペイズはどんなサービスなのか?

について詳しく紹介していきます。

なお、「エコペイズ初心者でもエコペイズのことが読むだけで分かる」ように記事を構成しましたので、ぜひこの記事だけは読み飛ばさずに、1つ1つ読んでいってもらえれば幸いです。

エコペイズって何?

まず、エコペイズの役割を一言で言うなら「電子決済サービス」です。

この段落では、身近な電子決済サービス「PayPay」の例を用いながら、以下の3つの章に分けてエコペイズについて解説していきます。

この段落の3つの章

  • PayPayを例にすると・・・
  • エコペイズも同じ仕組み
  • PayPayとエコペイズが違うのは何?

PayPayを例にすると・・・

例えば2018年に大きく話題となった、ヤフーとソフトバンクが共同でサービス開始した「PayPay」という電子決済サービスがありますね。

「PayPay」は、

  • クレジットカードを使ってPayPayにチャージすれば、
  • すべてのPayPay加盟店で「PayPay」を使って支払いができる

という特徴を持っています。

エコペイズも同じ仕組み

「エコペイズ」もそれと同じで、

  • エコバウチャーや国内銀行送金でエコペイズにチャージすれば、
  • エコペイズ加盟オンラインカジノで「エコペイズ」を使って入金

することができます。

また、PayPayには「個人間送金」のできる機能があり、相手のQRコードや電話番号が分かれば、残高を友達に送ることができます。

それと同じで、エコペイズもオンラインカジノに自分の「アカウント番号」を知らせれば、「カジノからの出金方法(カジノから自分のアカウントに資金が送金される)」として利用することができます

PayPayとエコペイズが違うのは何?

「エコペイズ」と「PayPay」は非常に似たサービスですが、大きな違いが2点あります。

それが「現金化」と「国際化」です。

エコペイズは現金化できる電子決済サービス

「PayPay」の残高は、現金化したくても現金化することはできません(今後対応する可能性はあるようです)。

それに対して「エコペイズ」は、自分の銀行口座を登録して出金申請すれば、国内銀行送金(1日~2日で着金)で引き出すことができます

エコペイズは国際的に対応

「PayPay」は海外では使うことができません。

それに対して「エコペイズ」は、国や通貨を問わず使用することができます

また、この後紹介する本人確認をして「シルバーアカウントにアップグレード(無料)」すると、下記の筆者の口座のように異なる通貨の口座を持つこともできます。

つまり「PayPayがワールドワイド化し、ほとんどの国・通貨に対応し、資金の引き出しもできるようになったもの」が「エコペイズ」です。

エコペイズ公式サイト

エコペイズの信頼性と安全性

さて、ここまでエコペイズの大枠について説明してきましたが、先ほど紹介したように、エコペイズは「様々な国」「様々な通貨」で”国境問わず”使うことができます。

では、なぜこうした国際的な金融サービスがエコペイズは可能なのでしょうか?

その理由がイギリスの「FCA(Financial Conduct Authority)」によって、電子マネーの発行の認可と規制を受けているからです。

FCAとは?

FCAは、ヨーロッパ圏の中でも審査が厳しい金融サービスに関する監視機構で、日本で言う「金融庁」にあたる組織です。

例えば日本の金融庁が「仮想通貨交換会社に対してマネーロンダリング対策で報告命令を出す」など厳しい監視をしているのと同じで、FCAも金融に関する様々な会社の調査や運営の認可を行っています。

英国法律の下で運営されている電子決済サービス

つまり、エコペイズは英国法律の下で運営されている電子決済サービスです。

  • セキュリティ
  • 個人情報漏洩のリスク
  • システムの正確性

などは、すべて日本の金融機関並みに水準が高いですので、安心して利用することができます。

結局、エコペイズって何が便利なの?

さて、「エコペイズとは何か?」については、だんだんと分かってきたと思います。

しかし、

  • いったいエコペイズは何が便利なのか?
  • オンラインカジノ利用者にとってのメリットとは何なのか?

については疑問が残るところです。

次は、この2つの質問の答えとして「オンラインカジノ利用者がエコペイズを使う3つのメリット」を紹介していきます。

ここで紹介する3つのメリット

  • ほぼすべてのオンラインカジノに対応している
  • ローカル入金・ローカル出金ができる
  • 情報量が多い

ほぼすべてのオンラインカジノに対応している

オンラインカジノの入出金方法としてスタンダードなのは、

  • エコペイズ
  • アイウォレット
  • ヴィーナスポイント
  • 仮想通貨

の4つです。

アイウォレット・ヴィーナスポイント・仮想通貨の3つは、

  • 対応しているオンラインカジノ
  • 対応していないオンラインカジノ

の両方があります。

そのため、「1つのカジノだけでなく複数のカジノでプレイする人」や、「カジノの乗り換えを検討している人」には「不向き」な方法です。

なぜなら、例えば、

  • Aというカジノでヴィーナスポイントが使える
  • Bというカジノでヴィーナスポイントが使えない

となると、AとBのカジノ間でヴィーナスポイントを使った資金移動ができないからです。

それに対してエコペイズはほぼすべてのオンラインカジノで使うことができます

私たちカジビトジャパンはエコペイズの使えないオンラインカジノを知りません。しかし「ほぼすべての」と書いたのは、もしかしたら対応していないオンラインカジノがあるかもしれないからです。

その結果、カジノ間の資金移動はエコペイズを使えば非常にスムーズですし、カジノの乗り換えも簡単です

ローカル入金・ローカル出金ができる

エコペイズは、日本国内に専用の口座を持っており、

  • ローカル入金(エコペイズの国内銀行口座に振込)
  • ローカル出金(エコペイズの国内口座からあなたの口座に入金)

の両方に対応しています。

特にローカル出金は”国内”口座から(あなたの)銀行口座に振り込まれますので、着金まで1日~2日と大変スピーディーです。

参考ポイント

カジノへの入金については、エコペイズにチャージして入金するよりも、クレジットカードで直接入金したほうが手数料が安いため「入金はクレジットカード・出金はエコペイズ」のように使っている人が多いです。

情報量が多い

オンラインカジノで使える電子決済サービスの中でも、「エコペイズ」は一番ネット上での情報量が多い電子決済サービスです。

そのため、疑問があれば、Googleで検索することで、精度高く「答え」を知ることができます。

また、エコペイズは日本語対応しているため、サポートに日本語で問い合わせれば日本語で回答が返ってきますし、エコペイズからのお知らせもすべて日本語です。

こうしたサポート面の良さからも選ぶ価値はあると言えるでしょう。

エコペイズ公式サイト

エコペイズ口座の作成・使い方はとても簡単です

では、どうしたらエコペイズ口座を開設することができるのでしょうか?

実は、エコペイズの口座開設はとても簡単です

株式口座やFX口座、ネット銀行口座を作る時に、

  1. 登録して
  2. 本人確認書類を提出して
  3. 実際にマイページにログインして使い方に慣れる

ことと同じように

  1. エコペイズに登録し
  2. 本人確認書類を提出し
  3. 実際に使ってみながらエコペイズに慣れる

だけです。

3の「慣れる」部分は少し大変かもしれません

しかし、本人確認書類を提出してシルバーアカウントにアップグレードし、自分の銀行口座を登録する頃には「エコペイズ、めちゃくちゃ使いやすい!」と思えるはずです。

エコペイズのインターフェースはとても良くできていて、「システムの複雑な最近のスマホゲームアプリ」よりも本当に分かりやすいですので、エコペイズが食わず嫌いな方も「まずは使ってみる」ことを大切にしてみて下さい。

エコペイズ公式サイト

\図解登録方法/

エコペイズの登録方法を"図解・入力例付き"で紹介!アカウント開設はこれで完璧!

前回の記事「エコペイズの仕組みが"読むだけ"で分かる!初めての方向けecoPayz講座」では、 エコペイズがどんなサービスなのか? エコペイズは安全なのか? エコペイズはどこが便利なのか? といった疑 ...

続きを見る

エコペイズで本人確認が必要な理由

さて、ここまで、

  1. エコペイズは電子決済サービスであること
  2. エコペイズはFCAによって認可・規制されており安全であること

の2点について紹介してきました。

次に紹介したいのが「本人確認」についてです。

本人確認は義務と心得よう!

エコペイズ口座を作り、実際に入金したり出金したりするためには、

  1. 本人確認書類(免許証など)
  2. 住所確認書類(電気料金の請求書など)

を提出する必要があります。

これについて「なぜ提出しなければいけないんだ」と思われる方も多いので、このパート(段落)を設けたのですが、ここまで読まれた方ならその理由が少し見えてきているはずです。

その通り。

エコペイズはイギリスの金融庁にあたる組織に認可され運営されているため、マネーロンダリングなどの不正があってはならず、口座作成時には、KYC(Know Your Customer)が必須だからです。

KYCとは?

新規に口座開設する際に金融機関側から要求される、顧客本人の身元確認における書類手続きの総称です。

本人確認を提出することは、(あなたに)マネーロンダリングなどの不正がない証拠でもありますので、「本人確認書類の提出は義務」と思って、書類提出しましょう。

あざらしくん
株式口座やFX口座を作る時も、免許証などを送る必要があるね。
日本の口座は「住所」に「郵便物」が届くことで住所確認ができるけど、海外の場合はそれができないから、住所確認書類も必要になるんだよ。
らいおんくん

さいごに

オンラインカジノは「出金方法」を用意することがスタートです

なぜならオンラインカジノのペイアウト率は96%と、日本のどんなギャンブルよりも高いからです。

ペイアウト率が高いということは、収益がプラスになる確率が日本のどんなギャンブルよりも高く、数万円~数十万円であれば1日で利益が出ることだってありますし、どれだけギャンブルが下手でも収益がプラスになることが多いということです。

「出金したい時にいつでも出金できる環境」を準備できるのは自分しかありませんから、まずはどのオンラインカジノでも使える出金方法である「エコペイズアカウント」だけは最低限用意して、オンラインカジノでプレイしていきましょう。

エコペイズ公式サイト

当サイト限定オファー開催中!

  • チェリーカジノ
    ⇒30ドル入金不要ボーナス+最大1000ドル入金ボーナス+4週間キャッシュバック
  • 10BET
    ⇒30ドル入金不要ボーナス

Copyright© カジビトジャパン , 2019 All Rights Reserved.