カジノ必勝法

モンテカルロ法の使い方とシミュレーション│カジノ必勝法

更新日:

カジノ必勝法は色々あります。
中には勝てる必勝法もあれば勝てない必勝法もありますし、初心者向けのものもあれば上級者向けのものもあります。

その中でもオススメなのが、今回紹介する「モンテカルロ法」です。

例えば「モンテカルロ法はルーレットで勝てるのか?」の記事では私たちカジビトジャパン編集部がモンテカルロ法を使ってプレイした動画を5本紹介していますが、基本的なモンテカルロ法でも、6分で30ユーロ稼ぐことができました。

最初はモンテカルロ法は難しいと思うかもしれません。
しかし、一度試しにやってみたり慣れてくれば簡単ですし、何より「紙とペン」が使えるオンラインカジノとの親和性は抜群です

モンテカルロ法は「大きく勝つ」というよりは「負けを少なくしながら確実に利益を取っていく」タイプの攻略法です。

資金を大きく減らすことがないため「コツコツと増やしたい」「資金が少なくても長く遊びたい」という方にぜひマスターしてほしい必勝法となっています。

このページではモンテカルロ法の

  • 使い方
  • ベット方法
  • ルール
  • シミュレーション

などについて「実際のプレイ動画」とともに解説していきます。

今日からモンテカルロ法を使ってベットしてモンテカルロ法のスゴさを実感してください。

それでは、いきましょう!

モンテカルロ法のベット方法・ルール

モンテカルロ法は「紙」と「ペン」を使うベッティングシステムです。

そう聞くと難しく思えるかもしれませんし、この後の説明を聞いてもパッとしないかもしれませんが、慣れると難しくありませんので、ぜひマスターしてください。

この後紹介する2つのこと

  1. モンテカルロ法のベット方法
  2. モンテカルロ法のルール

モンテカルロ法のベット方法解説

モンテカルロ法の基本的なルールは「5つ」です。

5つのルール

  1. ルール1:紙に「1・2・3」と連続した3つの数字を書くことからスタートする。
    ベットする金額を増やしたい方は「2・4・6(1ユニット2ドル)」や「10・20・30(1ユニット10ドル」などでも大丈夫です。
  2. ルール2:両端の数字を足した数をベットする。
    例えば、最初に紙に「1・2・3」と書いたら1+3=4をベットします。
    例えば、紙に書いた数字が「3・4・7・10・13」となれば、3+13=16をベットします。
  3. ルール3:負けたらベットした金額を右側に足す。
    例えば「1・2・3」と紙に書くと$4ベットです。
    ここで負けたら負けた「$4」を一番右側に書き加え、「1・2・3・4」とします。
    例えば「3・4・7・10・13」の場合、3+13=$16ベットですが、この時負けたら、「3・4・7・10・13・16」と紙に16を付け加えます。
  4. ルール4:勝ったら「オッズ-1」の数を両端から消す。
    では、勝った場合はどうなるでしょうか。
    例えば紙に「3・4・7・10・13・16」と書いてあり、3倍オッズで勝った場合、「3-1=2」ですので、両端からそれぞれ2つずつ数字を消し、紙を「3・4・7・10・13・16」とします。
    例えば紙に「3・4・7・10・13・16」と書いてあり、2倍オッズで勝った場合、「2-1=1」ですので、両端からそれぞれ1つずつ数字を消し、紙を「3・4・7・10・13・16」とします。
  5. ルール5:数字が1つ以下になったら「1・2・3」に戻る
    勝って「ルール4」に則って数字を消すと、数字が1つ以下になることがあります。
    数字が「1つ以下」となれば、最初に紙に書いた数字「1・2・3」に戻します。
    なお、「数字が1つ以下になる時」=「モンテカルロ法で利益が出ている時」ですので、今時点でその日のプレーを終わりにしても良いかもしれません。

最初は複雑に思えるかもしれません。
しかし実際にやってみるととてもシンプルなことが分かります。

よりイメージしやすいように、実際のルーレットを使ってモンテカルロ法について動画を撮影しましたので、「よく分からなかった」という方は動画を見てみてくださいね。

モンテカルロ法のルール

モンテカルロ法は基本的に「オッズが同じ部分」にベットし続けます

例えば「ルーレット」で3倍オッズの「カラムベット」「ダズンベット」にベットしたら、その後はカラーなどにベットせず、カラムベット・ダズンベットでベットし続けるべきです。

また、慣れないうちはダズンベットで「1~12」にベットしたら、その後も「1~12」にベットし続けた方が結果は安定しているように感じます。

そして「損切タイミング」も決めておきましょう。
例えばルーレットでも10連敗することは比較的よくあります。

カジノにはどうしても波がありますので「今日は調子悪そう」「波が悪い」と感じたらすぐに撤退し、日を改めてプレーすることもモンテカルロ法のルールの1つです。

モンテカルロ法のシミュレーション結果

次はカジビト編集部がモンテカルロ法でベットした、実際のシミュレーション結果を紹介します。

紹介する3つのプレイ動画

  1. ルーレット×モンテカルロ法
  2. バカラ×モンテカルロ法
  3. スーパーホイール×モンテカルロ法

シミュレーション1:ルーレット×モンテカルロ法

  • Play’nGo社のルーレット
  • ダズンベット・カラムベット
  • 約4分間で+$30

上記の結果が出たのが下記の動画です。

シミュレーション2:バカラ×モンテカルロ法

  • NETENT社のバカラ
  • バンカーベット
  • 約5分間で+$10

負けが続いても負けなかったバカラの実際のプレイ動画を紹介します。

シミュレーション3:スーパーホイール×モンテカルロ法

スーパーホイールでもモンテカルロ法のシミュレーションをしました。

  • Play’nGo社
  • 4倍ベット
  • 約4分間で+$13

シミュレーション結果からモンテカルロ法について分かること

ここまで3つのゲームでモンテカルロ法のシミュレーションをしてきましたが、これらの動画を見ていただくと分かるように、モンテカルロ法は資金を大きく減らすことがありません。

なおかつ1回・2回の連続した勝ちによって負けていても取り戻すことが可能ですし、最初のベット金額を「1・2・3」ではなく、「10・20・30」などにすれば大きく稼ぐことも可能です。

モンテカルロ法は初級者から上級者まで使える方法です。
そしてランドカジノでは使えないけどオンラインカジノなら使える方法でもあります。

オンラインカジノを楽しむ人ほど、モンテカルロ法を「1つの必勝法」として使いこなしていきましょう。

モンテカルロ法の練習に最適なオンラインカジノ

モンテカルロ法は資金が少なくても始めることができます。
だからこそ「入金不要ボーナス」などがあるカジノで練習しやすい方法です。

入金不要ボーナスがあるカジノには以下のカジノがあります。

これらの3つのカジノを使えば入金不要ボーナスが合計で$90手に入ります。
$90を使って、$0.1スタートでモンテカルロ法を練習すれば、「引き際」「コツ」などが分かってきますので、ぜひボーナスで練習してみてください。

入金不要ボーナスオンラインカジノランキング - 2019年度版

入金不要ボーナス一覧をすぐに確認 オンラインカジノに登録するだけでもらえる「入金不要ボーナス」。 この「入金不要ボーナス」は、スロットゲームやテーブルゲーム、ライブカジノなどで、「リアルプレイ」として ...

続きを見る

\当サイト限定の期間限定40ドルボーナス/

当サイト限定オファー開催中!

  • チェリーカジノ
    ⇒30ドル入金不要ボーナス+最大1000ドル入金ボーナス+4週間キャッシュバック
  • 10BET
    ⇒30ドル入金不要ボーナス

【記事検索】

Copyright© カジビトジャパン , 2019 All Rights Reserved.