オンラインカジノの比較・特徴・入出金

オンラインカジノの税金・確定申告について徹底解説!無申告でばれると追徴課税が課されるので要注意です

投稿日:

結論から言うと、オンラインカジノで儲けたら確定申告し、税金を支払う必要があります。

こう言うと「競馬やパチンコで儲けた人は確定申告もしてないし、税金も払っていないよね?なぜオンラインカジノは確定申告が必要なの?」と思う人もいるようです。

なぜオンラインカジノは確定申告が必要なのか・・・?

その秘密は「お金の流れ」にあります。

  • 競馬やパチンコ:現金でのやり取り&勝利金を払った相手も分からないため税務署が追えない(記録が残らない)
  • オンラインカジノ:勝利金が銀行口座に振り込まれるため税務署が追える(記録が残る)

誤解を招きそうなので補足しておきますが、競馬やパチンコもきちんと確定申告し税金を払う必要があります。

つまり、オンラインカジノで稼いだお金は非常にバレやすいということです。

そして、確定申告せずにバレた場合”追徴課税”も課される=多額の税金を払う必要が出てくるので、確定申告をしないというのは超リスクになってくるのです。

このページでは、

  • 確定申告が必要ないケースはどんな時なのか?
  • オンラインカジノは何所得として申告すればいいのか?
  • 確定申告時に必要な書類にはどのようなものがあるか?
  • 確定申告せずに税務署にバレた場合、どんな罰則があるのか?

などについて徹底解説していきますので、オンラインカジノの税金に悩んでいる方はこの記事を読んで、しっかり理解を深めていきましょう。

オンラインカジノの儲けが50万円以下の場合は原則として確定申告不要です

オンラインカジノは基本的に「一時所得」に分類されますが、この一時所得には50万円の控除があります。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

(中略)

一時所得の金額は、次のように算式します。

総収入金額-収入を得るために支出した金額(注)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

(注)その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限ります。

-引用元No.1490 一時所得 ,国税庁

つまり、

  • 1年間のオンラインカジノの儲けが50万円以下の場合は、原則として確定申告不要

ということになります。

50万円の儲けがあっても、50万円控除されるから、実質的には一時所得が0円になる=税金がかからないからなんだよ。
らいおんくん

なお、ここで”原則として”と書いたのは、

  • 収入が2000万円を超える場合は確定申告が必要になることがある
  • 一時所得がオンラインカジノ以外にもあり、合計すると50万円以上になる場合は確定申告が必要になる

などの例外があるからです。

が、多くの場合年収は2000万円以下&オンラインカジノ以外の一時所得もないと思いますので、オンラインカジノの所得=一時所得が50万円以下の場合は確定申告や税金を気にすることなく、オンラインカジノで楽しんでいきましょう

生命保険の満期一時金や損害保険の満期返戻金なども一時所得の対象なので、これらの所得もある方は、確定申告が必要になる場合があります。

オンラインカジノにかかる税金はいくらになるの?

ここまで「1年間のオンラインカジノの所得が50万円以下の場合、原則として確定申告は不要」であることを紹介してきましたが、では、オンラインカジノの所得が50万円を超える場合は、いったいどれくらいの税金を払わなければいけないのでしょうか?

この段落で紹介すること

  • 一時所得の計算方法
  • オンラインカジノの利益の半分は残しておこう
  • 一番注意が必要なのは所得税率のアップ!

一時所得の計算方法

まず知っておかなければいけないのがオンラインカジノの所得=一時所得の計算方法です。

先ほど紹介したように、一時所得は、

「総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額」

の計算式で求められます。

  • 総収入金額:オンラインカジノから出金した金額
  • 収入を得るために支出した金額:稼ぎに必要になったベット金額

「収入を得るために支出した金額」は儲けに必要になったベット金額のことです。 「勝ったときにかかったベット金額」しか経費として認められない(負けた時のベット金額は経費にならない)ので注意しましょう。

そして、一時所得で課税対象となる金額は

「課税の対象となる金額=一時所得の金額×1/2(半分になる)」

というルールがあるので、例えば、総収入100万円・支出した金額1万円の場合は、一時所得の金額が100万円-1万円-50万円=49万円となり、課税対象となる金額は49万円÷2=24万5千円です。

この場合、確定申告において「普段の給与所得に24万5千円の利益が加わった」という申告をすることになります。

あとは、普段の給与所得と合わせた金額を加味して、以下の表をもとに課税金額(所得税の場合 = (課税対象の金額 x 税率 - 控除額) x 1.021(復興特別所得税))が決まります。

課税される所得税 税率 控除額
195万円以下 5% 0%
195万円を超え330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円
  • (例1)給与所得500万円・オンラインカジノ所得100万円の場合
    合計所得600万円=税率は20%。住民税(10%)も合わせておよそ約30%の税金となります。
    オンラインカジノ所得100万円のうちおよそ30万円が税金となるので、30万円を取っておきましょう。
  • (例2)給与所得200万円・オンラインカジノ所得50万円の場合
    合計所得250万円=税率は10%。住民税(10%)も合わせておよそ約20%の税金となります。
    オンラインカジノ所得50万円のうち約20%=10万円は税金分として取っておきましょう。
  • (例3)給与所得640万円・オンラインカジノ所得100万円の場合
    一番注意が必要なパターンです。
    給与所得だけなら所得税率20%ですが、オンラインカジノ所得によって合計所得が740万円になるため、所得税率が20⇒23%に上がってしまいます。
    普段の給料からも多くの税金を取られることになってしまうので、税率が上がりそうな場合はオンラインカジノから出金しないようにした方がいいかもしれません。

オンラインカジノの利益の半分は残しておこう

ここまでオンラインカジノの税金の計算方法を紹介してきましたが、正確に計算するためには、

  • 源泉徴収票
  • 各種控除類の書類(医療費控除など)
  • 経費計算
  • 青色申告・白色申告などどちらを使うか

など様々な情報が必要になってきます。

さらに、普段の給与所得によって税率も大きく変わってくるので一概に「税金は〇〇円くらいです」というのは言えません

そこでオススメなのが「勝利金の半分」を残しておく方法です

  1. 勝利金の半分を残しておく
  2. 確定申告し、税金を支払う(勝利金の半分を残しておけば十分に支払える)
  3. 税金を支払って残った分を自由に使う

こうしておけば「税金が払えない!」と困ることがありませんので、オンラインカジノの勝利金の半分は、とりあえず税金用として残しておき、きちんと税金を払ってから残りを使うようにしていきましょう。

一番注意が必要なのは所得税率のアップ!

なお、先ほどの「例3」で紹介したように、一番厄介なのは「税率のアップ」です。

先ほどの表を見ていただくと分かるように、

  • 330万円
  • 695万円
  • 900万円
  • 1800万円
  • 4000万円

を超えると税率が上がるのですが、オンラインカジノの一時所得によってこの税率が上がってしまう=普段からもらっている給与所得の税率も上がってしまうということになります。

今の年収が税率アップの境にある場合は、オンラインカジノから出金せずにそのままプールしておいたり、イデコなどの所得控除できる制度を上手に活用したりして所得税率をコントロールしていくようにしましょう(このあたりは税理士に相談する方が良いと思います)。

オンラインカジノの確定申告に必要な書類

ここまで、

  • 一時所得が50万円以下の場合は確定申告が必要ないこと
  • オンラインカジノの税率・税金の求め方

について紹介してきましたが、では、いざ確定申告をするとなった時に、どのような書類を準備すれば良いのでしょうか?

確定申告時に準備する書類一覧

確定申告時には以下の書類が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • カジノからの出金金額が分かるもの(各カジノの出金ページや支払調書など根拠となるもの=所得を明らかにできるもの)
  • 医療明細書(医療費が10万円になった場合は医療費控除ができる)
  • 住宅ローン控除系書類
  • ふるさと納税などの寄付関連書類

以上は一例で各種控除を受ける場合はそれに伴った書類が必要になります。

確定申告書等作成コーナーで書類作成

各種書類を準備したら、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」にアクセスして書類を作成します。

基本的には数字を入力するだけで初めての方でも簡単に書類が作成できます。

入力方法が分からない場合は、確定申告時期に開催されている地元の確定申告相談を利用すると良いでしょう(無料で入力方法を教えてくれますよ)。

オンラインカジノで脱税がバレた場合はどうなるの?

「オンラインカジノの一時所得が50万円超えたけど、めんどくさいから確定申告しなくていいや」

これを”脱税”と言います。

そして、脱税がバレた場合は、以下の付帯税が課されます(土の付帯税が課されるかは脱税の態様によって決まります)。

  • 過少申告加算税
  • 無申告加算税
  • 不納付加加算税
  • 重加算税
  • 延滞税
  • 利子税

例えば「延滞税」の場合は、申告期限から2か月は2.4%・それ以降は14.6%の利息がつきます(サラ金も驚きの、アホのように高い金利です)

例えば「重加算税(隠ぺいして税金をごまかした場合)」の場合は、追加納税額の35~45%の額が課されます。

脱税がバレた場合、すべての利益が吹き飛ぶほどの税金が課されますし、悪質な場合は所得税法第238条違反によって罰則となることもありますので、自分のために必ず確定申告は行っておきましょう。

さいごに

日本では会社に勤めていれば確定申告が必要ないので、確定申告に慣れていない人は多いですし、確定申告ってよく分からないと抵抗を感じている人も多いと思います。

私自身も初めて確定申告をするまではそうでした。

しかし、確定申告をやってみると、予想以上に簡単にできることが分かります。

さらに

  • 税金が安くなったり、
  • 各種控除について詳しくなったり、
  • ふるさと納税などの制度を有効活用できたり、
  • 節税対策ができたり

と色々なことが分かるようになってきます。

このページには「まだ1回も確定申告をしたことがない」という人も多く来ていると思いますが、1年間のオンラインカジノの一時所得が50万円を超えている方は、この機会に確定申告にチャレンジするとともに、ふるさと納税やイデコなどの所得控除関連についても知識を深めてみてくださいね。

\当サイト限定の期間限定40ドルボーナス/

当サイト限定オファー開催中!

  • チェリーカジノ
    ⇒30ドル入金不要ボーナス+最大1000ドル入金ボーナス+4週間キャッシュバック
  • 10BET
    ⇒30ドル入金不要ボーナス

【記事検索】

Copyright© カジビトジャパン , 2019 All Rights Reserved.